PR ~記事は経験と調査に基づき誠実に書いています~

Macもドコモhome5Gで接続できます!接続方法、Wi-Fiの無線接続も有線LAN接続もバッチリ説明!

うちのMacはドコモhome5Gにつながるのかな?
つながらなくて困ったとき、本当に自分で大丈夫かなと気になりますよね?

Macとドコモhome5Gは、スマホみたいに無線のWi-Fiでつながるので簡単です。

ドコモhome5Gで使える無線のWi-Fiの規格(ルール)は1999年から使われ始めた規格をサポートしています。

1999年より古いMacをお使いの方はいないと思うので、あなたのMacが無線さえ使えればちゃんとインターネットにつながります。

え?無線?うちMacは無線が使えるかわかんないよというひとも大丈夫です。

ドコモhome5GはLANケーブルも使えるので、どうにも困ったとしても最後はちゃんとつながります。
新しいMacなら無線は絶対使えますし、逆に少し古くてもケーブルが絶対使えるので平気です。

どうしてもつながらないというときは、無線を使えるようにする機械や、ケーブルを使えるようにする機械がありますから、心配する必要はありません。※機械は2、3千円くらいからあります。

でも、実は、
 「インターネットよくわからない」
 「ドコモhome5Gみたいな機械きらい」
 「Macのパソコン持ってるけど詳しくない」
ドコモがちゃんとサポートしてくれますので安心してください!

ドコモhome5Gなら簡単にMacとつながる!
アマゾンギフト18,000円還元はココ!

Macnoパソコンとドコモhome5Gをつなぐのは簡単と言われても不安なひとに向けて、実際にどうつなぐかをていねいにお見せしていますので、ぜひ、参考にしてください!

後半には、Wi-FiやLANの話などどうしてつながるかの理由も分かりやすく説明しています。

ドコモhome5GとMacをつなげてみます!

ドコモhome5Gは、コンセントに挿すだけと広告しています。

でも、インターネットを家で使うなんて初めて!という人には、この言葉すら意味不明ですよね。

ですので、だれでもわかるように、箱をあけるところから画像で順番にお見せしてます。

続けて、Macのパソコンとどうつなぐのか?

無線のWi-Fiと、ケーブルを使ってつなぐ、ふたつの方法を画像付きで説明しているので見てください!

コンセントに挿すだけは本当?まずはドコモhome5Gをコンセントに挿してみよう!

ドコモはこのような箱に入れて届きます。

ドコモhome5Gの箱

箱を開けると、ドコモhome5G本体、電源ケーブル、LANケーブル、説明書が入ってます。

ドコモhome5G箱の中身

ドコモhome5Gはコンセント挿すだけといいますが、まずは、SIMカードをいれないといけません。
SIMカードを切り取ります!

ドコモhome5GのSIMカード
ちょっとひねったりするとピンクの枠部分が外れます

ドコモhome5GのSIMをいれる場所は底面にあるので、ふたを開けます!

ドコモhome5GのSIMの蓋

以下のように金属部分、切れ込み部分に注意して入れてください。

ドコモhome5GにSIMを入れる
切れ込みは、この画面でいうと右上になるように

最初は抵抗なく入っていきますが、3分の2くらい入ったところあたりからバネのような抵抗を感じます。
(力をいれて強く押し込まないでください。向きが違うと押し戻されます。バネで押し戻されてしまうときは、向きが違っています。)

気にせず押し込んでいくと、カチっと音がなって、SIMカードがぴったりと以下の状態で止まります。

ドコモhome5GにSIMが入った

きれいにSIMカードが収まったら、ふたをします。

ドコモhome5Gに電源コードを挿します。

ドコモhome5Gに電源コードを挿す

電源コードをコンセントに挿します。

ドコモhome5Gホームルーターさすだけ

ドコモhome5Gのランプが順番に点灯していきます。

ランプが3つつけば、準備完了!ドコモhome5Gはインターネットが使える状態になっています!

ドコモhome5GとMacを無線のWi-Fiでつなぎます!無線LAN接続を説明!

Macで、ドコモhome5Gにつないでいきます!

まずは、Wi-Fiの無線でつながるようにします。

スマホなどでWi-Fi接続をしたことがある人もいると思うので、接続先(SSID)選んでパスワードを入力して接続する方法を使います。

始める前に、この接続先(SSID)とパスワードを調べます。

ドコモhome5Gの底のシールがあります。ここにSSIDとパスワードがあるので、スマホで撮っておきます!
小さい文字は間違えやすいので、スマホで拡大すれば確認しやすいですよね。

ドコモhome5G底面
すいません!SSIDとパスワードはぼかしてあります!

上記でドコモhome5Gもできてるはずです!ランプは三つ点灯していますね!
さあ、Macを無線のWi-Fiでつなぎましょう!
パソコンも電源を入れて使える状態にしておいてください!

ドコモhome5G 4Gライト点灯

1.Macの画面右上にWi-Fiの無線のマークがあると思います。

Mac画面右上Wi-Fiマーク

2.マウスを使って、ポインタを無線のマークにあわせてクリックすると、Wi-Fiの画面が表示される。
一覧にドコモhome5GのSSID(先に調べた)が出ていないので、ほかのネットワークをクリック。

Wi-Fiのメニューが出る

3.ネットワークの候補がたくさん出ても気にしないで。ご近所のWi-Fiです。スマホで撮ったドコモhome5Gの底の画像を見て、一覧に同じ文字を探します。通常以下のように2コ見つかると思います。二つの違いは以下になります。

Wi-Fiのリスト

SSID(2.4GHz):HR01a-********
 ※フロアが違ったり、ドコモhome5GとMacのパソコンが離れてるときはコチラ

SSID(5GHz):HR01b-********
 ※同じ部屋や同じフロアでドコモhome5GとMacのパソコンがあまりはなれていないときコチラ

4.無線の一覧から、上記を参考に接続先(SSID)を選び、Macのマウスかポインタでクリックします。

5.接続先(SSID)をクリックすると、パスワードを聞かれる画面になるので、ドコモhome5Gの底面の画像をよく見て、入力してください。

パスワード入力画面
入力前
パスワード入力画面2
入力すると●●●●●●●●
パスワード入力画面3
入力内容を確認するには

6.入力が終わったら、右下の接続ボタンをクリックします。パスワードを間違えると再度入力してと出ます。
何度も間違えてしまう人は、Macについているメモ帳などのアプリを使ってパスワードを入れてよ~く確認し、それをコピーペーストすれば失敗しないと思います。

7.Macの画面右上、Wi-Fiの無線のマークをクリックすると、HR01a~~~の左のマークが青色になんていれば接続完了です!

Wi-Fiの接続確認

ていねいに説明してみました!
これならドコモhome5GとMacのパソコンをつなげられますよね!

Wi-Fiが使えるパソコンならインターネットが使える!
アマゾンギフト18,000円!


 

ドコモhome5GとMacをLANケーブルを使って有線接続でつなごう

インターネットにつなぐとき、Wi-Fiの無線が一般的に使われる前は、LANケーブルという線を使って、パソコンとインターネットの機械をつないでいました。

1.ドコモhome5Gにも、このLANケーブルを使うためのLANポートがあります。

ドコモhome5GのLANポート
LANとある上の穴がLANポート ※写真は1世代前のHR01

2.ドコモhome5Gと一緒に送られてくるLANケーブルがこちらなので見つけておきます

ドコモhome5G付属のLANケーブル

3.ドコモhome5GにLANケーブルを挿します。形状をみて挿してください。ひっかりとなるツメ部分がカチっと音がなるまでさしこみます。

ドコモhome5G ランケーブル ランポート

4.パソコンのLANポートを見つけましょう

ドコモhome5G PCとランケーブル
LANポートのあるマックがないので、Windowsパソコンです

5.パソコンのLANポートに、LANケーブルのもう一方を挿します。
※しばらく使ってなかったときはホコリをはらってくださいね。

ドコモhome5GとPC有線ランケーブル
ドコモhome5GとパソコンをLANケーブルでつなぎました

6.無線と違って、有線のLANケーブルで接続すると、すでにパソコンはネットにつながった状態になります。画面右下にネットワークのアイコンが見えるようになっているはずです。

7.Safariを起動すれば、インターネットがみれるようになっています!

LANケーブルを使った有線LAN接続はパスワードなどの入力が不要です。LANケーブルでドコモhome5GとMacをつなぐだけなのでとっても簡単です。

有線でつなぐというと難しいんじゃないのと思うかもしれませんが、実は挿すだけなのでホントに簡単です。その上、無線のWi-Fiより安定しますし、少し速いので利用できるならやって損はありませんよ!

ドコモhome5Gと有線接続でMacをつなぐのは本当に簡単です!

有線接続はLANケーブルをLANポートにつなげばOK!
アマゾンギフト18,000円!

 

ドコモhome5GとMacは簡単につながるって本当なの?規格とかあるの?

上記で実際にドコモhome5GとMacをつないでみました。

簡単につながるつながるっていうけど本当なの?っていう人に、ちょっと難しいけど無線と有線の規格についてお話しします。

ドコモhome5Gで使える無線のWi-Fiの規格は?

ドコモhome5Gもそうですが、無線のWi-Fiには規格(ルール)があります。

カフェやレストラン、公共施設などでお店のWi-Fiにスマホなどをつないだことがあるかもしれませんね。

このWi-Fiの規格は世界共通で、だれでもネットにつながれるようにできています

最初の規格(ルール)IEEE802.11は、1997年からはじまり、通信ができるようになりました。

その後、↓のように進化します。
 IEEE802.11b(1999年)
 IEEE802.11a(1999年)
 IEEE802.11g(2003年)
 IEEE802.11n(2009年)
 IEEE802.11ac(2013年)
 IEEE802.11ax(2019年)

新しいほうが、より速く、安定していて、セキュリティが強くなっています。

ドコモhome5Gは、IEEE802.11b(1999年)から最新のIEEE802.11ax(2019年)まで使えるようにできています。

20年以上前の規格から最新の規格まで使えるので、あなたがもっているMacが買って10年以内なら絶対つながります。

あなたがちょっと古いMacのパソコンを使っていても、無線でちゃんとつながるので安心してください。

ドコモhome5Gも有線のLANケーブルを使えるけどMacと絶対つながる?

LANポートの規格は、10BASE-T、1000BASE-TX、1000BASE-Tの3種類あります。

1000BASE-Tが最新の規格(ルール)で、ドコモhome5Gは最新の1000BASE-Tに対応しています。

新しい規格のLANポートは、それより前の古いLANポートの規格でもつながるようにできています。
下位互換性といって上位(進化)のものは下位(以前の)規格も使えるようになっています。

ですので、最新のLANポートがついているドコモhome5Gなら、かなり古いMacでもLANポートある!」ということなら大丈夫、絶対つながります。

うちのMacはどんなパソコンなのか?本当にドコモhome5Gにつながる?

Macは、Appleが作っているパソコンでMacOSという基本ソフトで動いています。

ちょっと話が難しいですが、Macのパソコンで、いまMacがサポートしているMacOSでいちばん古いのはmacOS 10.14 Mojaveです。※古くなったパソコンはサポートが打ち切りになるのが普通です。

ですので、macOS 10.13までしか使えないパソコンはいまは現役じゃないということになります。

このMacOS 10.13までしか使えないマックは2009年製あたりなので、すでに14年以上前のマックなので、ほとんどだれも使っていないと思います。

2010年以降発売のMac

仕様書を確認しましたが、iMac(デスクトップパソコン)にはケーブルでつなぐためのLANポートが付いていました。
ノートパソコンのMac BookやMac Book ProにはWi-Fiの機能が付いていました。

現役として使われているMacのパソコンなら、ドコモhome5Gにつながるための機能がないパソコンはありません!大丈夫絶対につながります!

ドコモhome5GとMacがどうしてもつながらないときのお助け機器

ドコモhome5GはMacならちゃんとインターネットにつながるようにできています。

しかし、無線のWi-Fiが壊れた!LANポートが壊れた!というときもなんとか修理しなくてもなんとかなります。

そんなときでも、これから紹介する機器を使えばちゃんとつながるので安心してください!

無線LANの子機を使って、無線のWi-Fi接続ができるように!

パソコンのUSBポートにつないで、無線のWi-Fiが使えるようにする機器があります。
無線LAN子機といいます。

USB無線子機

高級なものもありますが、2、3千円くらいのもので十分です。

Macに対応したUSBの無線LAN子機をパソコンにつなぐと、Macが無線LANの子機をすぐに認識し、無線が使えるようになります。※画像は内にある古いWi-Fiの子機

無線が使えるようになれば、うえで紹介した方法で簡単にドコモhome5Gと無線のWi-Fiでつながり、インターネットができるようになります

また、デスクトップパソコンの場合、無線のWi-Fiの機器をパソコン内部に取り付けることもできます。

有線LANアダプターを使って、LANケーブルで有線接続ができるように!

最近のモバイルパソコンは薄くするために、有線接続するためのLANポートがないことがあります。

LANポートがないMac Bookでも、USBポートにLANポートのアダプターを挿すと、有線接続でインターネットにつながることができます。

LANアダプター
左:Windowsでよく使われるUSBのアダプター       右:Macでよく使われるUSB-typeCのアダプター

新しいMac Book Airは軽くするために、LANポート以外のポートを少なくなっています。

そのために以下のようにいろいろなポートがついているアダプターが売っています。

いつもWi-Fiを使っていても、パソコンゲームをやるのにネットを安定させたいときには有線接続にするとインターネットが速くなって安定するのでオススメです。

LANのアダプターをパソコンにUSB接続すれば、パソコンがアダプターを認識します。

アダプターを使って有線LAN接続

あとは、アダプターとドコモhome5GをLANケーブルでつなげば、すぐにインターネットにつながります。

ほんとうに簡単なので、びっくりしますよ!

無線LAN子機やアダプターをつかることもできるよ!
アマゾンギフト18,000円!

 

付属のLANケーブルは1メートルで短くて困るなというひとへ

ドコモhome5Gの付属品として1メートルのLANケーブルがついてきます。

1メートルってちょっと短いでしょ!という人に、どんなLANケーブルを買えばよいかお話しします。

ドコモhome5GについてくるLANケーブルには、カテゴリー6(CAT.6)と印刷されています。

ドコモhome5GのLANケーブルはCAT6

カテゴリー6(CAT.6)のLANケーブルはドコモhome5Gとつないで使える速度のマックスとなっています。

ですので、もし長めのLANケーブルが欲しい場合は、カテゴリー6(CAT.6)のLANケーブルを購入すればOKです。

ちなみに、カテゴリー6A(CAT.6A)、7(CAT.7)、7A(CAT.7A)、8(CAT.8)などのLANケーブルはドコモhome5Gの能力より高いLANケーブルです。これらを買っても問題なく使えます。

また、うちに古いLANケーブルあるけどという人もいるかもしれません。LANケーブルのどこかに、CAT.5などという印刷があります。

CAT.5のLANケーブルの能力は100Mbpsとなっています。

CAT.5のLANケーブルを使っても問題ないのですが、ドコモhome5Gは100Mbpsより速い場合があります。

ドコモhome5Gの能力を最大限に使えない可能性があるので、できたらカテゴリー6(CAT.6)以上のケーブルを用意すると良いです。

最後に、Macと接続がちゃんとできるか悩んで、ドコモhome5Gの申し込みを迷っているあなたへ

Macとドコモhome5Gをつなぐのは、本当に簡単です。

自分のパソコンのWi-Fiが壊れたことがありましたが、それでも無線LANの子機を買って簡単にインターネットにつなげられました。

ドコモhome5Gはコンセントに挿すだけで、無線でも有線でも簡単にパソコンとつながり、インターネットができます

ドコモhome5GとMacがうまくつながらないときはドコモがていねいに教えてくれるので安心してください。

お得なキャンペーンページにアクセス!
Web申し込み手続き から入力するとキャッシュバックが確実にもらえます。

Macとドコモhome5Gは簡単につなげられる!
Wi-Fiの無線接続も、LANケーブルを使った有線接続もバッチリできる!

たくさんのネット代理店をしている有名なGMOとくとくBB【公式】で申し込む
【GMOとくとくBB】
申し込みはココ!

\アマゾンギフト18,000円がもらえる/