PR ~記事は経験と調査に基づき誠実に書いています~

@nifty光の申し込みで必要なものは?契約の流れを解説!

@nifty光の申し込みで、必要なものってある?と考えていますか。

@nifty光の公式ホームページからの申し込みで必要なものはとくにありません。

支払いに利用するクレジットカードか金融機関の口座を決めておきましょう。

光回線の乗り換えなら、転用承諾番号か事業者変更承諾番号が必要です。
転用…NTTフレッツ光を使っている人が対象。転用承諾番号はNTTのホームページでもらいます。
事業者変更…@nifty光と同じNTT系の光回線を使っている人が対象。事業者変更承諾番号は今契約しているインターネットの会社でもらいます。
代表的な事業者:OCNインターネット(OCN光)・ソフトバンク光・ぷらら光・ビッグローブ光・so-net光など

@nifty光をネットから申し込む基本的な流れ
  1. @nifty光にアクセス
  2. 新規 事業者変更 転用のボタンを選び申し込みページに入る
  3. 名前や住所、電話番号、工事希望を入力して送信
  4. 工事日の連絡がSMS(ショートメッセージ)か書面で届く
  5. 申込関連の書類や光回線を使うのに必要な機器があれば到着
  6. 工事日&開通!ネットを楽しく使い始める!
    派遣で工事が必要と言われたら当日は立ち合いが必要

申し込みの流れの中で、自分でやることは、最初の情報入力・立ち会うの2つだけです。

ネット申し込みって苦手なんだよ~って人でも、ほとんど全部お任せなので、安心してお申し込みください。

@nifty光の申し込みは支払い方法を決めてと乗り換えなら番号を用意!
@nifty光の申し込みは公式がお得!

@nifty光の申し込みで必要なもの

@nifty光を申し込むとき、必要なものは状況によって違います。

いま、インターネット回線の契約がなく、新しくインターネット回線として@nifty光を申し込む人は、新規申し込みとなり必要なものはありません。

また、NTT以外のネット回線を使ってる人も、@nifty光の申し込みでは新規申し込み扱いとなり、必要なものはありません。

現在、NTTのフレッツ光やNTTの光回線を使ってサービスを行う光コラボ事業者間で乗り換えをする人は、転用承諾番号か事業者変更承諾番号が必要です。

いまインターネットの契約がないひとは迷うことはないと思うので、少し飛ばして、支払い方法を決めるという章へお進みください。

乗り換えの人はどうしたら良いか迷いますよね。あなたの乗り換えが新規扱いか?乗り換えで転用か事業者変更かについてお伝えします。

乗り換えだけど、新規か?転用か?事業者変更か?

新規申し込み扱い(必要なものはなし)

@nifty光の新規申し込みでは、特に必要なものはありません。

@nifty光の申し込みで新規の扱いとなる人は以下になります。
・いまインターネットの契約がないひと
・NTT以外のインターネット回線を使っているひと

NTT以外のインターネット代表例

auひかり・NURO光・J:COM NET 光・eoひかり・コミュファ光
ホームルーター(ドコモホーム5G・ソフトバンエアー・WiMAX+5G Speed Wi-Fi HOME 5G など)
モバイルルーター・ケーブルインターネット・ADSLなど

上記のインターネットサービスは、NTT以外の光回線を使っているため、@nifty光を申し込むとNTTの光回線工事が必要です。

お住まいにNTTの光回線の設備があるけど、いまは使っていないという人も新規扱いになります。
※工事不要で@nifty光を始められる可能性もあります。

転用(NTT東日本や西日本のフレッツ光を利用)

NTT東日本や西日本のフレッツを契約しているひとは転用承諾番号が必要です。

2015年1月より前までは、光回線といえば、NTTかKDDI(au系)を使うことになっていました。

2015年2月から、NTTが光回線を独占するのをやめようということになり、NTTの光回線が貸し出されることになりました。

NTT光回線を借りて、インターネットと光回線をセットでサービスを行う事業者を、光コラボ事業者と呼ぶようになったのです。

ですので、2015年より前からインターネットの契約をしてるよという人は転用となります。

ただ、現在も光回線をフレッツ光で契約をすることはできるので、自分がどんな契約をしているか?いまの契約先に確認をしましょう。

NTT東日本や西日本のフレッツ光を使う人は、以下のホームページで転用承諾番号をもらいます。
NTT東日本 https://flets.com/app4/input/index/
NTT西日本 https://flets-w.com/collabo/tenyou/entry/

これらのサービスを行う会社を光コラボ事業者と言います。

事業者変更

光回線をNTT東日本や西日本のフレッツを使わず、光コラボ事業者と契約しているひとは事業者変更承諾番号が必要です。

2015年1月より前までは、光回線といえば、NTTかKDDI(au系)を使うことになっていました。

2015年2月から、NTTが光回線を独占するのをやめようということになり、NTTの光回線が貸し出されることになりました。

NTT光回線を借りて、インターネットと光回線をセットでサービスを行う事業者を、光コラボ事業者と呼ぶようになったのです。

ですので、2015年2月以降にインターネットの契約をした人は事業者変更となる人が多いはずです。

@nifty光と同じ光コラボ事業者からの代表例

ソフトバンク光 楽天ひかり ビッグローブ光 OCNインターネット(OCN光) ぷらら光 So-net光プラス など

事業者変更番号の取得方法の詳細はこちら【当サイト内ページ】

@nifty光の申し込み前に決める支払い方法

@nifty光で使える支払い方法は2つです。
・クレジットカード
・口座振替(引き落とし)

クレジットカード
ほとんどのカードがOKです。以下のマークがあれば大丈夫。

@niftyで使えるクレジットカード

口座振替(銀行引き落とし)は、都市銀行・地方銀行・信用金庫・信用組合・労働組合のほとんどが利用可能です。

他には、ゆうちょ銀行・PayPay銀行・セブン銀行・ソニー銀行・楽天銀行・住信SBIネット銀行・auじぶん銀行・イオン銀行・三井住友信託銀行・GMOあおぞらネット銀行・SBI新生銀行・あおぞら銀行・UI銀行

【注意】
@nifty光では、クレジットカード払いがオススメです。
口座振替では、口座管理費が毎月200円必要になるためです。

毎月に支払続けることなので、クレジットカード払いでクレジットカードのポイントをもらうのが良いですよね。

@nifty光を公式ホームページから申し込む

申し込みは@nifty光の公式ホームページから行います。

公式ホームページで、新規・事業者変更・転用のいずれかを選びます。
※新規・事業者変更・転用の違いは前の章を参考にしてください。

新規・事業者変更・転用それぞれの申し込みページへアクセスして申し込みボタンを選びます。

氏名・住所を入力し、乗り換えの場合は事業者変更承諾番号か転用承諾番号を入力します。

工事日は最短か希望日を選びます。

事業者変更や転用は工事不要なので、最短でお願いしましょう。

新規は、工事が必要なとき立ち合うことになるので、自分がお休みで立ち合い可能な希望日を入力しましょう。※工事は3週間から1か月後になるので、3週間後くらいから好きな日を入れると良いです。

あとは、SMSかメールで工事日の連絡がきたり、書類・機器が届くなどして、気づけば@nifty光が使えてたという感じでお任せで行けるはずです。

@nifty光の申し込みで必要なものは? ~まとめ~

@nifty光の申し込みでは、免許証やマイナンバーなど、個人を証明する書類は必要ありません。

乗り換えでは転用承諾番号や事業者変更承諾番号が必要になります。

新規申し込みでは必要なものはありません。

申し込み前に、支払いはクレジットカードにするか?口座振替にするか?決めておくと良いです。オススメはクレジットカードになります。口座振替は管理費として月200円よけいにかかります。

申し込み後、開通工事は、乗り換えなら最短8日~2週間後、新規なら3週間後から1か月後です。

おうちにWi-Fiが欲しい!と思ったら、早く欲しいですよね!引越シーズンだとさらに時間がかかってしまいます。なかなか家でWi-Fi使えないっていやですよね。

工事は申し込み順になります。早めの申し込みで希望日にお願いしちゃいましょう。

@nifty光の申し込みは乗り換えなら乗り換え用の番号が必要!
新規は特に必要なものはなし!早くWi-Fiを入れたいなら、早めの申し込みで希望日に工事を!
申し込みはコチラ

\キャンペーンはいまだけ/